2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.10 (Sun)

サッカー 坪井慶介が日本代表引退を表明 クラブに専念

サッカー 坪井慶介が日本代表引退を表明 クラブに専念  

サッカーの06年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会に出場したDF坪井慶介(浦和)が日本代表引退を表明した。今後はクラブでのプレーに専念する。代表出場は40試合。28歳と衰えが目立つ年齢ではないが、10年のW杯南アフリカ大会を目指すメンバーに選ばれながら、出場機会に恵まれない境遇に悩んできた姿が浮かぶ。

 坪井は福岡大を経て02年に浦和に入団。俊足を生かしたカバーリングを武器に1年目でレギュラーとなり、Jリーグ新人王を獲得した。

 代表デビューは03年6月のパラグアイ戦。代表監督がジーコ、オシム、岡田と代わる中でも招集され続けた。だが、07年6月のモンテネグロ戦を最後に出番を失い、今月6日のW杯アジア3次予選初戦のタイ戦はベンチ入りからも外れた。センターバック争いで中沢佑二(横浜マ)、阿部勇樹(浦和)、水本裕貴(ガ大阪)の後塵を拝した格好だ。

 1月末に岡田監督に代表引退の考えを伝え、タイ戦後にも話し合った。坪井は8日、さいたま市内で練習後、「出られない悔しさがあった。選ばれているからには代表チームのためにやらなくてはと、葛藤(かっとう)、ストレスがあった。出られないのは力がないから」と話した。

 浦和の中村修三ゼネラルマネジャーは1月末に坪井と話し合った。だが、「日本を代表する選手が長い時間考えたこと」と翻意は促さなかったという。浦和は昨季、アジア・チャンピオンズリーグを初制覇した。「クラブとして世界に出たことも大きかったかもしれない」と、クラブでのプレーを選択した気持ちを代弁する。

 元フランス代表のMFジダンなど、海外では現役は続けながらも代表は退く例はある。国内では、W杯ドイツ大会後に中沢が代表引退の意向を示しながら後に撤回した例があるものの、珍しいケースだ。坪井は「言ったからには戻ることはない」と、代表引退の重みをかみしめていた。

■■私もはじめた 簡単プチ副業■■

ネットサーフィンやオンラインゲーしている時間をちょと使って簡単作業でさくっと稼ぐのがこれ

とっても簡単 人生が変わってしまいます。

しかも稼いでから支払いはとてもありがたいですね!

業界初!【儲かってからお支払いください】素人主婦のFREEDOM宣言~驚くべき方法で月収500万円稼ぎだす非常識でクレイジーな儲け方【おまかせ】
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース ジャンル : ニュース

EDIT  |  11:05  |  スポーツニュース  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。