2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.08 (Fri)

時津風部屋事件

大相撲時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=しこ名・時太山(ときたいざん)=が暴行を受け、死亡した事件で、傷害致死容疑で逮捕された兄弟子たちは斉藤さんの死亡前日、1人20回以上、殴ったりけったりしていたことが8日、愛知県警捜査1課と犬山署の特捜本部の調べで分かった。
 斉藤さんは終始、無抵抗だったという。特捜本部は「制裁以外の何物でもない」として、さらに暴行の詳しい経緯などを調べている。


【More・・・】

 調べによると、一連の暴行は昨年6月25日昼過ぎ、同県犬山市の宿舎から逃げ出した斉藤さんを連れ戻す際から始まった。

 伊塚雄一郎(25)(しこ名・怒濤(どとう))と、木村正和(24)(明義豊(あきゆたか))の両容疑者が、宿舎近くにあるコンビニエンスストアの駐車場で斉藤さんを発見。斉藤さんの太ももをけったり、顔を平手でたたいたりした。
 宿舎に戻った後も、両容疑者はほかの兄弟子たちと入れ代わり立ち代わり暴行を繰り返し、暴行回数は1人20回以上だったという。

 また、元時津風親方の山本順一容疑者(57)(元小結双津竜(ふたつりゅう))は同夜、斉藤さんを座らせ、「お前みたいに根性のないやつは初めてだ。新潟に帰すぞ」などと説教しながら、ビール瓶で額などを数回殴打した後、兄弟子たちに「鉄砲柱に縛り付けとけ」と指示。兄弟子たちは斉藤さんを土俵脇に連れていき、柱にひもで縛ったうえ、顔などを繰り返し殴っていたことも判明した。斉藤さんはこの日、食事もできないほど衰弱していたという。
 斉藤さんの遺体は繰り返し暴行を受けたことで、筋肉などが破壊され、肺に水がたまる「肺水腫(すいしゅ)」の症状が確認された。
 特捜本部は、山本容疑者の指示で暴行がエスカレートし、死亡当日の「ぶつかりげいこ」も同容疑者が命じていたことなどから、「一連の行為は、すべて親方の指示だった」とみている。

■■私もはじめた 簡単プチ副業■■

ネットサーフィンやオンラインゲーしている時間をちょと使って簡単作業でさくっと稼ぐのがこれ

とっても簡単 人生が変わってしまいます。

しかも稼いでから支払いはとてもありがたいですね!

業界初!【儲かってからお支払いください】素人主婦のFREEDOM宣言~驚くべき方法で月収500万円稼ぎだす非常識でクレイジーな儲け方【おまかせ】
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース ジャンル : ニュース

EDIT  |  23:05  |  ニュース  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。