2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.08 (Fri)

時津風部屋

時津風部屋

時津風部屋(ときつかぜべや)は、大相撲の相撲部屋の一つ。霜鳳、時津海(現時津風親方)、時天空などの東京農業大学出身の幕内経験力士が多数を占めている。近時において、17才の少年(序ノ口力士)が集団暴行を受け死亡するという事件が惹き起こされ、その対応が注目されている。

【More・・・】

概要
昭和17年、当時まだ現役の横綱双葉山定次により双葉山相撲道場として設立される。この際に元大関鏡岩善四郎の粂川親方が部屋をそっくり譲り他の部屋も多くが傘下に入った。双葉山の引退後年寄時津風の襲名とともに時津風部屋と改名し粂川部屋から譲り受けた鏡里喜代治が横綱に、現役時代からの弟子大内山平吉が大関になった。後に北葉山英俊、豊山勝男の2大関も育てた。

昭和43年12月、双葉山の死後、元鏡里の立田川親方が一時的に時津風を襲名するが後継者に豊山を指名していたとの遺言の存在が明らかになり、鏡里は立田川に戻り立田山(大内山)などの親方だけを連れ弟子を1人も連れずに独立し昭和46年に立田川部屋を興した。

豊山の継承後、関脇蔵間竜也、小結豊山広光・大潮憲司・双津竜順一・大豊昌央・霜鳳典雄、前頭時津洋宏典・蒼樹山秀樹・時津海正博などの幕内力士を輩出している。

豊山の時津風定年後は、元小結の双津竜(前親方)が部屋を継承した。弟子に「時(津)」や「豊」、「双」を含む四股名をつけることが多い。

先代の母校である東京農業大学相撲部は時津風部屋でも稽古を行うことがあるため、卒業後角界入りする者はほとんどが時津風部屋に入門している。実際に豊ノ島以外の現役2関取は東京農大の出身である。

現在でも右横書きで書かれた双葉山相撲道場の看板がかかげられている。

2007年、後述の序ノ口力士集団暴行致死事件の発生の責任を問われ、15代時津風は解雇され、時津海が急遽現役を引退し16代時津風を襲名、部屋を継承した。


時津風親方
時津風部屋創設後
12代:時津風 定次(元横綱双葉山・大分県)
13代:時津風 喜代治(元横綱鏡里・青森県)
14代:時津風 勝男(元大関豊山・新潟県)
15代:時津風 順一(元小結双津竜・北海道)
16代:時津風 正博(元前頭時津海・長崎県)

現役の幕内経験力士
霜鳳典雄
時天空慶晃
豊ノ島大樹

横綱・大関
横綱
鏡里喜代治(42代・青森)粂川より
大関
大内山平吉(茨城)
北葉山英俊(北海道)
豊山勝男(新潟)

幕内
関脇
不動岩三男(熊本)粂川より
青ノ里盛(青森)
蔵間竜也(滋賀)
小結
若葉山貞雄(埼玉)
潮錦義秋(熊本)荒汐より
時錦恒則(福岡)
豊國範(大分)
沢光幸夫(北海道)
豊山広光(新潟)
大潮憲司(福岡)
双津竜順一(北海道)
大豊昌央(新潟)
霜鳳典雄(新潟)
時天空慶晃(モンゴル)
豊ノ島大樹(高知)
平幕
泉洋辰夫(大阪)
双ッ龍徳義(北海道)
扇山民雄(宮城)
若杉山豊一(福岡)
時葉山敏夫(石川)
牧本英輔(熊本)
丸山孝彦(福岡)
天ノ山静雄(佐賀)
谷嵐久(大分)
蒼樹山秀樹(滋賀)
時津洋宏典(徳島)
時津海正博(長崎)

所属年寄
枝川 秀樹(えだがわ)元前頭筆頭・蒼樹山
錦島 敏正(にしきじま)元前頭筆頭・蔵玉錦 鏡山より

旧時津風部屋
双葉山が襲名する以前の時津風は、大坂相撲の名跡だった。東西合併のときには小九紋龍が親方で、部屋を経営していた。昭和10年で一度部屋を閉じ、粂川に弟子を譲渡。この時の弟子に十両の九紋龍政五郎、谷ノ音谷五郎がいた。昭和13年にふたたび部屋をおこしたが、昭和16年限りで部屋を閉じ、立浪部屋に弟子を譲った。このなかに、後の関脇時津山仁一がいた。

その他の弟子
鬼ヶ谷才治(小結、伊予国(現 愛媛))

序ノ口力士集団暴行致死事件
この節には現在進行中のことを扱っている文章が含まれています。性急な編集をせず事実を確認の上投稿してください。

2007年6月26日、同年春に入門した序ノ口力士が稽古中に死亡した。[1]。

稽古中に倒れ死亡した序ノ口力士に付いた通常あり得ない傷や、「死亡した力士にはマリファナの使用歴があった」等死亡した力士に責任転嫁する時津風親方の発言などから、死亡した力士の両親が死因を不審に思い、愛知県警察(巡業先管轄)に虚血性心疾患と断定されそうだったところを地元の新潟に遺体を搬送し行政解剖を実施したことから発覚。

時太山がけいこの厳しさに脱走をしたことに憤慨し、6月25日に時津風親方がビール瓶で頭を殴り、さらに数人の力士に「かわいがってやれ」と暴行を指示、翌26日も通常は5分程度のぶつかり稽古を30分に渡り強い、倒れた後も蹴りを入れたり金属バットで殴打するなど集団暴行した。警察の任意取調べに対し親方や数人の兄弟子力士が容疑を認め[2]、また愛知県警は死因特定の遺体の組織検査や、体のところどころにある根性焼きと思われるヤケドの跡など、暴行と死亡との因果関係が立証されたため、2008年2月7日、元親方と兄弟子を傷害および傷害致死容疑で逮捕した。また遺族に無断で遺体を火葬しようとしたことも発覚しており暴行の事実を隠蔽しようとした疑いがもたれている。[3]。

なお、この暴行の際十両以上の力士は不在だったとされている[4]。

大相撲主催者であり部屋の上部団体に当たる日本相撲協会は一定の反応は示したものの、現在では平常通り活動を行っている。なお、力士のけいこ指導が刑事事件へ発展したのは、本事件が日本相撲協会が発足して以来初めてのことでなる。

■■私もはじめた 簡単プチ副業■■

ネットサーフィンやオンラインゲーしている時間をちょと使って簡単作業でさくっと稼ぐのがこれ

とっても簡単 人生が変わってしまいます。

しかも稼いでから支払いはとてもありがたいですね!

業界初!【儲かってからお支払いください】素人主婦のFREEDOM宣言~驚くべき方法で月収500万円稼ぎだす非常識でクレイジーな儲け方【おまかせ】
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース ジャンル : ニュース

EDIT  |  23:05  |  ニュース  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。